はじめてのお灸のやり方3ステップ

こんにちは、鍼灸師ヨガインストラクターの犬塚志保です。

今日は、自宅でのお灸のやり方について紹介します。


【168分の1】

鍼灸治療の効果をより引き出す方法として、自宅でのお灸があります。


週に1回程度、1時間の鍼灸治療を受けるとしても、

1日24時間として、1週間168時間。


そのうちの1時間なんてほんの一部にすぎません。。

マイナスをプラマイゼロにするものか、プラスをよりプラスにできるのか、

残りの167時間をどのように過ごすのかによってまったく変わってきてしまいます。

自宅でお灸をすることによって、次回への施術の流れがつくられ

鍼灸治療の積み重ねができます。

お灸のやり方は一度やってみるとそこまで難しくはないと思います。

ただ、火を使いますのでくれぐれも取り扱いにはお気をつけいただきたいです。


「どれくらいの時間かかりますか?」と聞かれることが多いので、

動画ではカットせずにリアルタイムで撮影してみました。


ぜひ、体感してみてください。




【お灸時間の過ごし方】

特に、日ごろお忙しい方にぜひ取り入れていただきたいことがあります。


お灸をしている時間は、お灸以外のことはしないということです。


手が空いてしまうので、ついスマホをいじってしまいます。

そこをぐっとこらえてお灸を感じ、

あたまのなかをリセットする時間としてお灸時間を過ごしてみてください。


【さいごに】

セルフケアを目的とした内容なので、特定のご病気に対してお灸をしたい場合には

鍼灸師にご相談されることをおすすめします。


ご友人などにお灸を指導することは、金銭のやり取りがない場合でも

「きゅう免許」「医師免許」がないとできません


お灸をやってみたいという方がいたら、ぜひこの動画をおすすめしてくださいね(^▽^)

あなたがもう、ツボの位置で迷うことがありませんように☆


さいごまでお読みいただきありがとうございました。


よい一日、よい明日をお過ごしください(^▽^)/