女を上げる、女神のツボ「三陰交」 

こんにちは、鍼灸師ヨガインストラクターの犬塚志保です。

コロナが流行ろうと

夏休みが始まろうと

イソジンが売り切れだろうと

毎月やってくるのが月経です。

月経に関するお悩みを持つ方に一言、

「とりあえず三陰交にお灸しきましょ~」

超有名なツボですが、意外と皆さん迷子になりがちです。






【三陰交の位置】


三陰交のツボの位置は、内くるぶしの端から上3寸=指4本分です。

セルフケアとしてお灸をするときには

凹みや窪み、痛みなどを基準にしてくださいね。

【こんなときにどうぞ】


・生理がくると憂鬱

・自分はいわゆる月経不順だと思う

・生理痛を少しでも軽くしたい

・妊活をそろそろ始めようと思ってる

・私は妊活中だ!

・不妊治療がうまくいかなくて泣きたい

・妊活中だが、旦那さまが弱々しい

・流産経験がある

・不育症かもしれない

・妊娠初期でつわりがつらい

・切迫気味、切迫流産と言われたことがある

・逆子である

・産後、体力が落ちた気がする

・産後うつになりそう、ていうか産後うつっぽい

・そろそろ更年期に入ってきたかも

・更年期真っただ中

【つぼこの部屋で確認してみましょう】




【三陰交のツボ解説】


別名「女神のツボ」

婦人科系のトラブルには欠かせないツボのひとつです。

・血を補う

・血の浄化

・血熱を冷ます

また、「陰が三つ交わる」とあるように

厥陰肝経+少陰腎経+太陰脾経の陰経ジャンクション。

この一穴で、三つの経絡にアプローチできる

効率抜群な、つぼミューズ♡

それだけではないのです。

男性の泌尿器科系トラブルにも対応可能。

女神でありながら男性の味方もできる、現代の社会学的にもジェンダーフリーなつぼです。

【三陰交のケア】


セルフケアでお灸をする際に、気を付けてほしいことがあります。

熱量によって、効果が分かれるため

どのようなお悩みがあり、

どのように改善していきたいのか

それを確認してほしいと思います。

■血を補うためにお灸をするなら「ほんわか」温かい程度の熱量

■ 血の詰まりを浄化したい場合には「我慢できるギリギリ」一歩手前までの熱量

■貧血気味の方には、よしよしと頭をなでてあげるようなこころで。

■血がドロドロして詰まってそうな方には、出力MAXでお尻を叩いてあげる気分で。

【三陰交 裏話】

日本には茶道や柔道など、

その道を専門的に学に修行するという文化があり、

道毎に、派閥や流派が存在し

切磋琢磨しながらその道を極める方々がいらっしゃいます。

鍼灸学も同様に、資格取得まではカリキュラムによって

一律の教育を受けることが定められています。

しかし、卒業後はそれぞれが慕う師や学会や流派において

自分の鍼灸道をより確かなものにするため、日々症例に向きあうことになります。

そんな中で、つぼ議論あるあるはこの「三陰交」ではないでしょうか。

私も以前は踝の頂上から取穴していました。

が、中医学を軸に自分の鍼灸人生をやっていこうかなと

漠然と、ほんとに漠然と思い描くようになってからは

踝のふもとから「三陰交」を取るようにしています。

【さいごに】

最後までお読みいただきありがとうございます。



効果が高く、有名なツボだけに、ご自分でお灸をされるかたもいらっしゃるようです。


しかし、お灸の跡などを確認させていただくと、

ツボの位置がズレていて「おしいっつ!!」と思うことが多々あります。


「もうツボの位置で迷わない!!」


ツボの正しい位置を知れば、セルフケアがより効果的なものになります。


みなさまの体調管理のひとつに、お灸や東洋医学を取り入れていただけたら嬉しいです。