#34 太陽礼拝

こんにちは、鍼灸師ヨガインストラクターの犬塚志保です。


今週のレッスンは「月イチ太陽礼拝」でした。




 


週の後半は気圧の高低差が激しく、さすがの私も倦怠感や腰痛を感じることがありました。


台風の前のような天候で、気圧の変化に弱い方はかなりお辛かったのではないでしょうか。




熱がある時以外は基本的に毎日行う、それが太陽礼拝です。


気圧差や疲労などは気分や情緒にも影響することがあり、そのような時には身体はぜったい重いはずですよね。


しかし、そのような時に太陽礼拝をすると案外動けることがあります。


そして、身体を動かしたことで重さやだるさが抜けると、気分や情緒も安定するようになります。


同じことを毎日することで情緒や体調を一度ゼロに戻す、太陽礼拝にはそのような作用があるのではないでしょうか。



 

レッスンの後半はシッティングポーズもいくつか取り入れました。


呼吸をする際には、下腹まで吸う息を入れて、下腹から吐くようなイメージでお伝えしています。


腹圧をかけることで体幹の安定や横隔膜を目覚めさせるような感覚なのですが、腹圧がかかるとどうしても骨盤底筋が抜けやすくなってしまします。


骨盤底筋に圧をかけすぎないようなポーズを練習しましたが、下腹と会陰の圧を同時に調整しながら、呼吸も止めないように、でも前屈もして、あー忙しいことったら!!!


その忙しさを感じなくなるには練習の積み重ねが一番の近道です。


気長にその時が来るのを待ちましょう☆



 

来週は今年最後のレッスンです。


第4週は「Relax」がテーマです。


寒さで固まりがちな身体をゆったりとほぐして、2021年のあれこれを出し切りましょう。


運動量は少な目なので、お部屋も服装も暖かくしてご参加くださいね。




Shiho