#46 月イチ太陽礼拝

こんにちは、鍼灸師ヨガインストラクターの犬塚志保です。


今週のレッスンは、月イチ恒例の太陽礼拝を中心に行いました!






 

太陽礼拝を覚えることを目標に、スモールステップでやらせていただいております。




①繰り返し練習して、体に形を覚え込ませる。


②次の動きを予測して動けるようになる。


③画面を見る回数を少しずつ減らし、視覚的なガイドに頼らない。


④声のガイドだけで動けるようになる。


⑤ガイドがなくても自分の呼吸で動けるようになる。


以上、細かく5ステップに分けてみましたが、いかがでしょうか。




画面を見る回数が増えることで視線もぶれてしまい、アーサナやマインドの安定性に欠ける傾向があります。


ひと呼吸でもいいので、呼吸だけに集中できる時間を作れるといいですね。


焦らず、続けることがいちばんのコツです。


 

どの体勢になっても、肩甲骨は寄せて下げることをお忘れなく、というお話もさせていただきました。


ダウンドッグのように上下が逆になっても、肩甲骨はお尻の方に下げる意識ももちましょう。


見せかけだけで腕を上げたり伸ばしたりしているため、肩関節そのものを使う機会が減り、さらに関節可動域が狭くなるという悪循環に陥りやすいのです!




ある年齢を越えると肩が上がりにくくなるのは姿勢の影響もあると考えています。


あなたが上げたいのは肩ですか?それとも上腕骨ですか?



 


暑さ寒さも彼岸まで、ということで季節の変わり目を実感する週末となっております。


花粉症もピークを迎えているようですが、睡眠不足・運動不足など日々の体調コントロールが影響しやすい時期でもあります。


室内でできるヨガは、天候や花粉に関係なくできる適度な運動としてベストですよ♪


無料動画もUPしておりますので、ぜひお試しくださいね~




ではでは、みなさまよい連休をお過ごしください。


Shiho