#33 股関節のつまり

こんにちは、鍼灸師ヨガインストラクターの犬塚志保です。


今週のレッスンは「股関節のつまり」をテーマにお送りしました。




 

3大つまりポイントのひとつであり、3大普段動かさない関節のひとつであもある股関節、および鼠蹊部を念入りにほぐしました。


股関節を前、外側、うしろに分けて、つまり解消のツボケアも解説。


鼠蹊部や腿の付け根は、内くるぶし側

外側や骨盤は、足の甲

後ろやおしり周りは、外くるぶし側


毎度のことですが、それぞれのポイントに合わせたツボをご紹介しております。


どのツボも臨床でよく使われるツボですが、関節などの痛みがでている場所と経絡を組み合わせ使うとより繋がりをもってケアができると思います。





お尻周りや骨盤に付いている筋肉のケアにオススメなのが、テニスボールやフォームローラーです。


背中やモモ裏などをほぐす時にも使えますよ。


ホームセンターやネットでもいろんな種類が出ていますね。


この手のものの作りはそんなに違わないと思うので、個人的にはお部屋に馴染む色味のものを選ぶようにしています。


すぐ手に取れる位置にあったほうが使いますし、無駄な買い物にならないかなあという意味もこめて…




 

季節柄、冷えが辛くなってきた方も多いと思いますが、温めても温めてもすぐ冷えてしまう方は股関節周りのつまりを通してあげるといいかもしれません。


単発でも受講できますので、気になる方はお試しくださいね。





来週は「月一太陽礼拝」の週です。


前回の練習で行った座りポーズの復習と、クロージングのポーズをいくつか練習する予定です。


いろいろなポーズをバランスよく取り入れることで、カラダ全体のバランスも整っていきます。


呼吸の波に乗って、太陽礼拝のエネルギーを一緒に感じましょう。



 


昼が1番短い時期ですが、日暮れが本当に早くなりましたね。


疲れも出やすい頃だと思いますので、どうか暖かくしておやすみくださいませ。


最後までお読みいただきありがとうございました。


よい週末をお過ごしください。


Shiho