#28 埋まった首を掘り起こせ

こんにちは、鍼灸師ヨガインストラクターの犬塚志保です。


11月のスタートは「埋まった首を掘り起こせ!!」ということで、リモートワークなどで埋まりがちな首を掘り起こしたいと思います。


首って、ほんと埋まるんです。気が付いたら短くなってませんか?


首のシワを見れば年齢がわかるといわれるように、ごまかしが効かない部分のひとつです。


季節的にはさつま芋堀の時期ですが、私たちは首堀にいそしみます・・・





首を動かす代表的な筋肉のひとつが胸鎖乳突筋です。


耳たぶの後ろあたりから、胸骨・鎖骨に向かってついている筋肉ですね。


今回は、胸鎖乳突筋に関係するツボを指をつかってほぐしました。


デリケートな場所なので、指の腹をつかってやさしくぐるぐると行いましょう。





また、首が埋まってしまう原因のひとつが肩が内側に入ってしまいがちなことがあります。


肩が内側に入り、胸が縮こまると、よけいに首が埋まりやすいです。


肩の力を抜いて、鎖骨を下ろすと同時に首を長く保てるとバランスがよく姿勢を保てます。


鎖骨の下にある小胸筋・大胸筋を意識しながら行うと、いつものポーズも一段と集中できて効率UPにつながりますよ。




オンラインヨガのいいところのひとつが、自分の様子も目に入ってしまいがちというところです。


ヨガは内観を大事にしますので、通常のレッスンでは鏡をつかいません。


しかし、zoomでギャラリービューにすると自分の姿が見えてしまうので、時に驚きとショックで凹むことがたびたびあります。


アラフォー・アラフィフ男性がお顔のお手入れに気を使いはじめたらしい、という話をよく聞きます。


眉毛のお手入れや肌の調子を気にすることはもちろんですが、姿勢をよくするだけでも-3歳は期待できるとおもいます。


首を掘り起こしたいメンズの皆さまも、アーカイブのみでもご利用いただけますのでご興味ありましたらお声がけくださいませ。




次週は「バランス」をテーマにお送りする予定です。


立ちポーズが多くなりますので、運動量しっかり目になると思います!!


よろしくお願いいたします。


では、みなさまよい週末をお過ごしください。


Shiho